税理士と顧問契約をするメリット&費用について

顧問契約をする前にチェックすること

  • 担当者の顔と名前
  • 仕事に対しての熱意
  • 顧問費用の中に含まれるものor含まれないもの
  • シミュレーションや節税対策に強い
  • 資金関連のアドバイスができる
  • 契約期間について

税理士を上手く活用する

税理士の仕事は、経営者が抱える問題にアドバイスをしたりサポートをしたりする強力な助っ人的存在です。顧問契約をすれば、必ず力になってくれるでしょう。

税理士と顧問契約をするメリット&費用について

電卓

主なサービス内容

節税に関する提案はもちろん、シミュレーションも税理士の得意業務です。毎月の数字を参考に、経営へのアドバイスも受けられるでしょう。新ビジネスの立ち上げにおいては、会計ソフトの導入や経費削減のポイントも教えてくれますよ。決算対策では、決算利益を予測したり、計画の策定したりなど細かい部分まで行ないます。赤字覚悟で会社経営をしなければならない場合もありますが、それを避けるためのサポートに一生懸命なのが大阪の税理士です。

税理士報酬の気になる相場

会社の存続のために税理士と顧問契約した時の相場は、50%以上が2.3万円程度、決算料は40%未満が10万円以下となりました。加えて、年末調整や消費税の申告、法定調書なども必要になる場合があります。とはいえ、税理士の報酬額は自由化されているので、基準がないというのが現状です。適正な報酬額の見極め方法としては、契約書のやり取りや報酬に関する詳しい内訳を見ることです。

契約内容によって報酬額が決まる

顧問税理士に依頼したい仕事は山のようにありますが、どこまで対応してくれるかも報酬額に大きく響きます。例えば、顧問料を減らすとなったら会社に来てくれる回数が減りますし、必要最低限の仕事しかしてくれません。別途でお願いする場合は、顧問料とは別に費用が発生するでしょう。

広告募集中