返しても減らない借金は債務整理でピリオドを打ちましょう

キャッシングの落とし穴

毎月決められた曜日に借金返済をしているのになぜ借金が減らないのかと感じている人も多いはずです。返済する額の他に、利息がどの程度かかってくるのか、それがどう充当されているのかは借金を減らす上で重要なことだと言えます。

債務整理をしてよかったと感じること

no.1

借金がなくなった。または減った

債務整理をしてよかったと多くの人が感じたのは、借金がなくなった、あるいは減額に成功した時です。上手くいけば、多く払った利息が自分の手元に戻ってくるため、喜びもひとしおです。

no.2

取り立てがなくなった

借金が返済できなくなると、金融会社の社員が取り立てにやってきたり督促状が送られたりします。あまりにひどいと警察沙汰になることもあり得るでしょう。債務整理をすれば、それが全てなくなります。

no.3

分割返済で負担減

たとえ借金が残っても利息分は省かれるので元金のみの返済となります。雪だるま形式で増えることもなく、計画的に返済ができるのは有難いでしょう。不安も解消され、前向きな気持ちにされた人が非常に多いです。

返しても減らない借金は債務整理でピリオドを打ちましょう

相談

債務整理の種類

この債務整理は自己破産、任意整理、自己再生の三つにわかれます。払い過ぎた利息に関しては、大阪の弁護士が過払い金の返還を消費者金融へ求めます。自己破産は、返済できなくなった借金を財産をお金に換えて借金を減らすというもので、自己再生は、債務の一部を免責して、残りを少しずつ返済する方法となります。任意整理は裁判外の手続きになるため、自己破産に比べて柔軟な対応が可能です。今の生活を維持しつつ、無理のない返済をしたい時に適しているでしょう。

手続きの詳しい手順

債務整理の大まかな流れは、受任通知の発送をした後に引き直しの計算や債務整理をする際の方針を決定します。これが完了するとようやく債務整理を実行していきます。

依頼する前に注意点を知ろう

借金が減り、生活も随分楽になりますが、債務整理の影響でクレジットカードやローンの使用が不可能になります。また、債務整理に信用金庫や銀行が関係していると、口座が凍結されるケースもあります。債務整理をする前に、別の口座を作っておく必要があるでしょう。

広告募集中